ミウラ折り中国・四国・九州総代理店のアド・キョウサイ ミウラ折りの事ならアド・キョウサイへ

 アド・キョウサイ
お問い合わせ
トップページ
ミウラ折りとは
サイズ表
新日本様式
商品例
研修会
「ミウラ折り」は東京大学宇宙化学研究所名誉教授三浦公亮氏が考案した用紙の折り方です。三浦氏は宇宙構造物の設計家であり、主な作品として宇宙実験衛星(SFU)の太陽電池パネルや、電波天文衛星「はるか」の大型宇宙アンテナなどがあります。ミウラ折りは自然の構造体で折り目の最も自然なパターンとなっています。
プロフィール
三浦公亮 (みうらこうりょう)
1930年東京生まれ。
東京大学工学部卒業。
東京大学宇宙航空研究所、文部省宇宙科学研究所で宇宙構造工学を
研究。数多くの人工衛星・惑星の開発設計に関わり、新しい宇宙構造物の
発明と宇宙での構築を実現し「宇宙の建築家」と呼ばれる。
ミウラ折り
ミウラ折り